刺青を消したい人へ

タトゥー・刺青を消したいと思っている方は参考にしたらいいとおもいます。

  1. タトゥーを消す為のレーザー治療の技術は、タトゥーの出現を減らして見えなくすることが出来ます。以前のレーザーでのタトゥーの治療と違って、今現在のタトゥーをレーザーで消す治療は周りの皮膚を傷つけたり、ダメージを与える事はほとんどありません。
  2. タトゥー・刺青を消す為には、タトゥーを入れた時よりももっと沢山の時間がかかります。通常でも、全てのタトゥーを除去する為には6回から12回ほどの治療が必要になります。
  3. 足首や手、指などに入れられたタトゥーは、普通の皮膚に入れられた刺青・タトゥーよりも消すことが難しいです。
  4. 古くて、シンプルであまり色が使われていないtattooは普通より簡単にタトゥーを消すことが出来ます。
  5. レーザー治療を含むタトゥーを消す治療として、最も有名なのがQ-switchedもしくはquality-switchedといわれるレーザー治療です。その他にも外科的な摘出の方法や、dermabrasion(ダーマブラッション)と言われるタトゥーを紙やすりで削るような方法もあります。(管理人付けたし・実際に紙やすりで削るわけではないとおもいますが、そのようなシステムがあるようです)
  6. タトゥーをレーザー治療で消すことの危険性は、小さな怪我をする事と一緒だという事です。タトゥーを消す為のレーザー治療は心地の良いものではありませんし、レーザーが皮膚に小さな傷をつけるかのような痛みも伴います。レーザー治療の後に、皮膚が堅くなったり出血する場合もあります。それによって出来る傷の小さな影響として、感染や皮膚の変色などにも気をつけなければなりません。
  7. そして、あなたがまだtatooを入れていないなら・・・・buyer beware(買い手が用心しなければいけないというcaveat emptorのラテン語の英訳)とある調査結果では、タトゥーを入れた人の5分の1が「タトゥーを消したい」という思いがあるという事です。

なお、この記事の内容は海外での記事を参考にしたものであり、現在の日本では多少異なる部分があるかもしれません。ご了承下さい。

レーザーでのタトゥーの治療はあまり良くないのでは、と偏見で思ったりしていましたが 海外の技術は相当上がっているのですね。驚きました。

しかし、美容整形などで消した跡がケロイドのように残ってしまう人もいます。

確実に綺麗に消えると言う訳絵ではないと言うことですねえ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*