変化する体

Just another WordPress site

シワやたるみ

突然ですが、「肌疲労」って聞いたことがありますか? 体に疲労がたまるように、肌にも疲労がたまってゆくのです。疲労をそのままにしておくと、頑張って毎日続けているお手入れの成果も出にくくなります。疲れが慢性化すると少々休んだり、リフレッシュしてもなかなかスッキリしないのと同じです。今回は肌疲労とその回復方法についてお話します。

冬の乾燥するこの時季になると気になるシワ。朝は気にならないのに夕方になるとでてきたり、保湿した直後は目立たない場合は水分不足が原因でおこる表皮のシワです。上手に水分を蓄えられず、時間とともに水分が蒸散してしまった結果としてこのような状態になります。
乾いているところを保湿すれば応急措置は可能。ですが、乾いた肌を改善するためには、水分を抱えられない肌の状態そのものを改善する必要があります。つまり、肌細胞が生まれてくるところに働きかけるお手入れが必要なのです。それには、やはり毎日のお手当てが欠かせません。血行を高めたり、栄養を補給したり、紫外線対策をしたり。これらの地道な積み重ねが肌の根本の力を育て、元気な細胞が生まれやすい状態をつくります。
毎日のお手入れをちゃんとしていても、なんとなく肌の調整が悪いと感じるときは、肌疲労がおこっているとき

毎日お手入れをしていても、なんとなく肌の調子が悪かったり、思うような成果が出ない。“いつもの手応え”がいまいち感じられない、ということありませんか?

もしかすると、それは肌疲労のせいかもしれません。人によって、また場合によって肌に出る症状はさまざまですが、この肌疲労はけっこうやっかいなもの。毎日のお手入れでせっかく肌が元気になろうとしているのを邪魔してしまいます。また、お手入れをしないままだと肌体力が落ちてきますので、ちょっとしたことでも疲労を起こしやすくなります。

今の時季に感じやすい肌疲労の症状をいくつかあげてみます。
朝、メイクをするときにファンデーションがよれてしまったり、つけたあとがひび割れたようになって逆に目立ってしまったりする状態。鏡をよく見てみると、ファンデーションが肌になじまず浮いているように見える。
夕方、鏡に映る疲れきった自分の顔にドキっとしたことはありませんか? 朝は顔色を気にするほど悪くなかったのに、寝不足だったりストレスがたまっていたりすると、特に悪いように感じることがある。
洗顔後、手の甲で頬を触ると肌がなんとなく固い。それにゴワゴワして、汚れは取れているのに何かまだ余分な皮が1枚くっついているように感じる。

いかがでしょうか? 当てはまるものがありますか? ひとつでも思い当たれば、すぐに肌疲労ケアをしましょう。肌疲労がたまると回復するまでの時間も長くかかってしまいます。

Leave a Reply

Theme by Anders Norén