鼻のケア

みなさんは鼻のケアをしたことはありますか。

やった事のない人は是非、試してみましょう。

まず境式・隆鼻マッサージケア

帰宅後、清潔な状態で行ってください(女性の方はメイクを落としてください)。お風呂上がりは血行も良くなっているので、オススメです(「隆鼻」とは鼻筋の通った高い鼻のこと、デジタル大辞泉調べ)。

1. 小鼻の脂肪取り

両手の人差し指と中指で拝むような格好で小鼻を挟み、強めにクルクルとマッサージしながら、余分な皮脂を絞り出します。白くて臭い脂肪が出るまで続けてください(小鼻が薄く脂肪の無い方は、小鼻が温かくなる程度で大丈夫です)。団子鼻の方はこれを続けるだけでも、小鼻の肉が取れて印象が変わります。

 

2. 彫り作り

今度は、両手の中指と薬指で鼻をかむような格好で小鼻を挟み、鼻が高くなるよう引っ張っていきます。小鼻から始めて鼻骨、眉間まで丁寧にプレスしましょう。鼻筋が通ってきたように感じたら掌を外に向け、親指の腹で眉間のくぼみをじわじわ押しましょう。つぼ押しの要領です。この段階でだいぶ鼻が細くなり、鼻筋がはっきりしてきます。強く挟みすぎて鼻の頭や眉間に赤い縦じわが入らないよう、注意してくださいね。

 

3. 隆鼻形成

鼻を温めて脂肪を取り除き、癖がつきやすい状態になった所で小鼻をつまみ上げ、固めていきます。器具を使うよりも手でつまんでおくのが良いのですが、疲れてしまう方は、市販の鼻つまみ専用器具か、バネの弱い洗濯バサミでつまんでください。シンクロ競技用の鼻栓でも、大丈夫です。洗濯バサミは跡がつきやすいので、コットンを間に挟んだり、こまめに跡がついていないか確認しながら行いましょう。

 

毎日続ければ、1ヶ月ほどで変わる方もいます。中には、気付いた時に鼻をつまむ癖をつけるだけで変わる方もいるほどです。鼻は軟骨なので、それだけ形成しやすく癖をつけやすい部位なのです。

最近残念に思うのは、安易に鼻の美容整形に走る若い方が多いことです

私の美容テーマは「自力美」なので、本当に残念です。顔には、各々の歩んだ人生が刻まれています。笑顔を絶やさない方は口角があがっていたり、悩みの絶えない方は眉間にしわが刻まれたりと、様々です。40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持てと言いますが、その前に人工的に手を加えてしまうという事は、一種の責任放棄にも思えてしまいます。

冒頭でもお話しましたが、日本人の多くは欧米人に比べて彫りが浅く、鼻が低いのが特徴です。そういう骨格なのですから、人工軟骨を入れたりヒアルロン酸を注入して突然鼻が高くなったり、先が尖ったりしても、不自然で美しくないばかりか、即整形手術だとわかってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*