刺青

最近は、おしゃれ感覚で入れる人が多くなった刺青。

最近ではタトゥーともいいます。若者に人気があり今ではファッション感覚なのですね。

昔の人にはかなり理解しがたい感じではあります。

デザインも色々あります。アメリカンタイプのものや和彫りのものもあります。

最近では、芸能人もファッション感覚で入れています。

刺青は怖いといったイメージがやはり強いです。なかなか理解されない事も多いでしょう。

ノリでいれてしまう若者も多いので後悔してしまう事も多いという話も聞いた事があります。

最近では、美容整形のひとつで刺青を消すことも可能になって来ました。

刺青とは、色素を真皮層に沈着させるため刺青・タトゥーを消す為には、この真皮層に入ってしまった色素を取りのぞかなければいけません。レーザー等によるタトゥーを消す方法は、この真皮に入った色素を何種類かに分けて刺青を消していきます。その他にもタトゥーを消す方法として、皮膚の切除や皮膚の移植でタトゥーを消してしまう方法もあります。

刺青・タトゥーを消すにはそれなりの費用がかかってしまいますが、一時的にタトゥーを隠したい場合にはドーランなどでタトゥーをカバーしたりする事も可能です。また、様々なシチュエーションにおいてタトゥー・刺青を隠さなければいけない場合の対処方法についても記述しました。

また、タトゥーを彫る際にタトゥーアーティストとのコミュニケーションが 残念ながら上手く取る事ができずに自分の思ったようなタトゥー・刺青が彫れなかったという体験談もよく耳にします。そういったタトゥー・刺青を入れた時の体験談や失敗談を元に、カバーアップなどの手法でタトゥーをちがうタトゥーに彫りかえるカバーアップという手法もあります。

なかなか上手く行かなかった、思い通りにいかなかったと言っている人もなかなかおおいですよね。昔は、彼氏の名前や彼女の名前を入れてしまった人もいました。

タトゥーを消す前提で入れる人は少ないとは思いますが、やむを得ない状況でタトゥー・を消す決心をされる方も多いでしょう。一度入れたタトゥー・刺青を消す事は困難であり費用もかかります。タトゥーは一生モノです。絵具のように水で落ちないのです。

ちゃんと入れる時は考えた方が良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*